放射性物質は大丈夫なの?

ウォーターサーバーの水には、放射性物質が混入している心配はないのでしょうか。 震災等の影響で、放射性物質の心配をされている人もいるかもしれません。

空気(約八割が窒素、約二割が酸素で構成されており、無色で透明、無臭の気体です)中に浮遊している放射性物質による外部被爆も恐ろしいとはいっても、食品や飲みもの等に含まれている放射性物質を体内に取りこむことで起こる内部被爆は更に恐ろしいとなっているのです。

水道水(その水質基準は水道法に基づいています)から放射性物質が検出された等とニュースで聞いたりする為、飲み水の安全性に細心の注意を払いたいと考えている人もよくあるでしょう。

ウォーターサーバーは本当に大丈夫なのか、微量であったとしても放射性物質が含まれているのではないかと思う方もいるのではないかと思います。

ウォーターサーバーの水は、天然水であったり、水道水をろ過したものだったりと業者によっては様々あります。

天然水の場合、何10年・何100年とかけて自然のフィルターでろ過されるので、放射性物質の影響が出るまでには、やはり何10年・何百年と相当の年月が掛かるでしょう。

つまり、直接人体に影響を与える程のものを含有したとは考えにくいだと言えるでしょう。

また、原水が水道水である場合も、非常に厳しい安全基準をクリアした水を強力なフィルターを用いてろ過しています。

放射性物質よりも細かいフィルターですから、放射性物質が通り抜けるのはむずかしいものです。

それに、ウォーターサーバー業者により、放射性物質検査を行いいる所もあるでしょうから、そういった業者の水であれば確実に安全になるのです。