サーバーはどうやって設置するの?

ウォーターサーバーはどういった感じで設置するのかということになるでしょうが、次の二点がポイントです。
001.jpg ・置き場所をしっかり確保する
・サーバーとボトルを合わせる


始めてすぐは、置き場所をしっかり確保するというところなんですが、ウォーターサーバー は床に置くタイプと卓上タイプに分かれているのです。
意外に高さがあったり、場所をとるタイプの物もあったりしますから、前もってどこに置くかをしっかり決めておかなければならないのです。

次に、サーバーとボトルを合わせるというところなんですが、業者が訪問して設置するところもありますが、自分で設置行うケースも多いのです。
見方を変えれば、比較的むずかしい配線などが無いので、自分で設置出来ると言う事でもあるでしょう。
水が入ったボトルとウォーターサーバーが送られてくるので、それを設置していきます。
サーバーの入ったダンボールを上から引き抜いて、ボトルのキャップやラベルを剥がしてサーバーにセットするためす。


ボトル内にポコポコと気泡が出てきたら、正しくセットできたと言う事です。
あとはコンセントを挿して、電源を入れると設置完了です。

設置するスペースさえ、きちんと確保しておけば、設置方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)そのものは難しくないと言えます。

コスモウォーターの特徴や評判って?

003.jpg

コスモウォーターの特徴としては2つあるんです。

・多数の種類の中から選ぶ事ができる

・安心なお水が飲める

これらの2つです。

まず、数多くの種類の中から選ぶことができるということですが、

・奥京都「古都の天然水」

・ヨーロピアンウォーター

・日田天然水「奇跡の幻水」

・富士の銘水「富士の滴」

の4つの種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)から選択出来ます。

それぞれ価格や硬度、味などに違いはあるものの、どれを選んでみてもウォーターサーバーをタダでレンタル(最近では、色々なものが借りられますから、買う前に一度検討してみてもいいかもしれません)してくれます。

次に、安心なお水が飲めると言うことですねが、細菌や空気(日本語では、空気を読まない、空気のような存在という表現もよく使われますね)

が入らないようになっていますので、水が汚れたり不純物が混ざってしまうことがありません。

また、容器は使い捨てになっている為、他人が使ったボトルを使うこともないのです。

手軽に潰せて楽に捨てることが可能なので、それほどゴミも増えません。

いつでも開封時と同じ新鮮な水として使用できるのは嬉しいものです。

コスモウォーターは味だけではなく、安全・衛生面も優れているのでお勧めです。

放射性物質は大丈夫なの?

ウォーターサーバーの水には、放射性物質が混入している心配はないのでしょうか。 震災等の影響で、放射性物質の心配をされている人もいるかもしれません。

空気(約八割が窒素、約二割が酸素で構成されており、無色で透明、無臭の気体です)中に浮遊している放射性物質による外部被爆も恐ろしいとはいっても、食品や飲みもの等に含まれている放射性物質を体内に取りこむことで起こる内部被爆は更に恐ろしいとなっているのです。

水道水(その水質基準は水道法に基づいています)から放射性物質が検出された等とニュースで聞いたりする為、飲み水の安全性に細心の注意を払いたいと考えている人もよくあるでしょう。

ウォーターサーバーは本当に大丈夫なのか、微量であったとしても放射性物質が含まれているのではないかと思う方もいるのではないかと思います。

ウォーターサーバーの水は、天然水であったり、水道水をろ過したものだったりと業者によっては様々あります。

天然水の場合、何10年・何100年とかけて自然のフィルターでろ過されるので、放射性物質の影響が出るまでには、やはり何10年・何百年と相当の年月が掛かるでしょう。

つまり、直接人体に影響を与える程のものを含有したとは考えにくいだと言えるでしょう。

また、原水が水道水である場合も、非常に厳しい安全基準をクリアした水を強力なフィルターを用いてろ過しています。

放射性物質よりも細かいフィルターですから、放射性物質が通り抜けるのはむずかしいものです。

それに、ウォーターサーバー業者により、放射性物質検査を行いいる所もあるでしょうから、そういった業者の水であれば確実に安全になるのです。

熱いお湯がすぐ出る?

ウォーターサーバーは、熱いお湯がすぐに出るんでしょうか。

ウォーターサーバーは、熱いお湯がすぐに出ます。

わざわざ、電気ポットやコンロでお湯を沸かす必要がないんです。

お湯を使いたい時に、すぐに使えるので、取っても便利でしょう。

カップラーメンが食べたくなった時、急な来客でお茶を入れる時、赤ちゃん(昔から、「子供は三歳までのかわいさで一生分の親孝行をする」なんていわれます。赤ちゃんのうちから、なるべくたくさんの写真や映像を残しておきたいものですね)のミルク(日本の乳児用の粉ミルクは、牛乳をより母乳に近づけるような加工をした上で、ビタミンやカルシウム、母乳オリゴ糖、タウリンなどの赤ちゃんに必要な栄養素を加えています)を作る際、そんな時すぐにお湯が出るウォーターサーバーがあると、とても便利だと思いますよね?

それに、ウォーターサーバーの電気代と、電気ポットの電気代とは言え、電気ポットのほうが電気代が高言って知ってましたか?

電気代が安いに限らず、時間を短縮する事も可能ですから、便利でおとくだと言えるでしょう。

ちなみに、お湯の温度は、80℃〜90℃くらいです。

また、お湯に限ったことではなく、冷たいお水もすぐに出ます。

冷蔵庫(白物家電の一つで、現代人の生活にはなくてはならない家電でしょう)にお水を入れておかなくても良いので、冷蔵庫(白物家電の一つで、現代人の生活にはなくてはならない家電でしょう)内のスペースを有効活用できるようになりました。

お湯やお水をよく飲む人は、ウォーターサーバーの設置をオススメします。

ウォーターサーバーの業者も?多くのので、自分に適したお水、サーバー、サービス、費用の業者を選んで下さい。